ドージング技術

プラスチック製造業者は、ドージング技術に関してあらゆる種類の品質を求めています。 着色剤にかかるコストを削減することを目指している製造業者もいれば、 安定した製造工程を求めている製造業者もいます。 効率を向上することや、品質を改善することを目指している製造業者もいるでしょう。 Movacolorのすべてのドージングシステムに、射出成形および押出用途向けの統合型モジュラードージングシステムのメリットが採用されています。

ドージング技術

重量式ドージング技術

高節約率 - 最高の結果

詳細はこちら
重量式ドージング技術 高節約率 - 最高の結果

光学式ドージング技術

高精度の光学式ドージング

詳細はこちら
光学式ドージング技術高精度の光学式ドージング

質量時期ドージング技術

低コスト - 信頼性の高いドージング

詳細はこちら
質量時期ドージング技術 低コスト - 信頼性の高いドージング

最新の開発に基づくドージング技術

Movacolorのエンジニアは、常にプラスチック業界の最新の開発を追跡し、Movacolor製品の高精度ドージング技術の改善に取り組んでいます。 Movacolorのドージング技術は、マスターバッチ、粉末、粉砕材、液体着色剤などの材料のバージン材へのインラインドージングに基づいています。 

重量式フィーダーと質量式フィーダー向けに、信頼性の高い着色と肉厚、そして高品質な最終製品につながる一定の流量を実現するため、Movacolorは独自のドージングシリンダーとステッピングモーターを一体化しています。 当社の光学式フィーダーは、光学センサーと特殊ドージングディスクをベースに、光学式ドージング技術を使って開発されています。世界のドージング業界において唯一無二のこの技術により、パレットごとに極めて精度の高いドージングを実現できます。

ドージングシリンダーを使用するドージング技術

この唯一無二の高精度ドージングシリンダーは、Movacolor独自の発明であり、Movacolorのドージング技術の一部です。 ドージングシリンダーは、最低処理容量(1時間あたり0.01kg)から最高処理容量(1時間あたり1,000kg)までの処理容量は、脈動や妨害のない、驚くほど一定したドージングを実現します。 これにより、正確なドージングが可能となります。 ムラのあるドージングや混合を補正するために必要となる高価な添加物の追加ドージングから卒業できます。その結果、高価な添加物に係るコストを20~50%節約できます。  

Movacolorのドージングシリンダーは、単一のドージングツールとしては驚くほど幅広い処理容量範囲に対応します(GXドージングシリンダーを使用する場合、1時間あたり0.7kg~18kg)。 この独自の高精度ドージングツールは、標準的なオーガーやディスクをベースにした従来のドージングデバイスでしばしば発生するムラのある出力や停止の問題を解決します。

ステッピングモーターを使用するドージング技術

プラスチック製造業者が求める精度を満たすため、Movacolorは今までも、そして現在も常にドージング技術の世界において最新の開発を熟知しています。 だからこそMovacolorは、0.1から最高200rpmまで速度を調節できるステッピングモーターを開発しました。 ステッピングモーターは、Movacolorのドージングシリンダーの動力源として働きます。 Movacolorのステッピングモーターは、段階的に機能するため、DCモーターより優れています。 したがって、操作者はドージングシリンダーの速度を極めて速やかに調節できます。 

ネックピースとインサートを使用するドージング技術

ネックピースとネックピースインサートもまた、Movacolor独自のドージング技術の一部です。 ネックピースには一つ以上のMovacolorドージングシステムを取り付けることができます。 Movacolorのネックピースとネックピースインサートは、着色剤を直接機械の喉部(スロート)に送り込むこと(インラインドージングとしても知られている工程)で、材料の分離を防ぎます。 Movacolorのエンジニアは、あらゆる用途向けに数種類のネックピースインサートを開発しています。これにより、あらゆる材料を使って正確なドージングを実現できます。