あらゆる用途向けの重量式ドージングシステム 

Movacolorは、高精度を誇る重量式ドージングシステムの開発および製造の分野のおいて世界をリードしている企業です。 これまでに当社は、世界中のプラスチック製造業者向けに、あらゆる用途を考慮した幅広い製品ラインを構成する高精度重量式ドージングシステムを開発してきまし

た。 MCBalanceの無料トライアル

MCBalanceの重量式ドージングシステムを無料でお試しください!

無料トライアルを依頼
MCBALANCE
重量式ドージング

高精度の重量計量式ドージング MCBalance*は、最高水準の重量計量式ドージングを実現します. 射出成形、ブロー成型、押出工程におけるあらゆる状況下で、業種を問わず、日常的にその真価を発揮します。 ドージングシリンダーと特許取得済みの計量技術により、低処理率(1時間あたりのドージング量が少量)でのドージングが求められる場合にも、極めて正確なドージングが保証されます。 これにより、高価な添加剤を大幅に節約できます。 安定した生産工程に欠かせない継続的なロスインウェイト計量機能とモーター速度の自動調整機能が装備されています。 これにより、最終製品の高い品質が保証されます。また、排出される材料が最低限に抑えられます。 プラスチック製造業者のために最大限の制御、効率、節約を実現 重量計量式インラインドージングシステム「MCBalance」は、プラスチック製造業者のために最大限の制御、効率、節約を実現します。 継続的なロスインウェイト計量により、お得な価格で最善の結果が得られます。 MCBalanceドージングシステムは、供給量を継続的に校正し、自動調整します。 MCSmartシステムにより、製造業者は一台のコンピューターからMCBalanceドージングシステムすべてをモニタリングできます。 マスターバッチ、粉末、粉砕材の着色時に発揮される安定性が支持され、この重量計量式ドージングユニットは、世界中のプラスチック加工業者に選ばれています。 この重量計量式ユニットは、Multi-Componentシステムに合わせて簡単に調整できるため、同時に最大6種の添加剤をドージングできます。 医療およびクリーンルーム用途向けのMCBalance MovacolorのMCBalanceは、医療およびクリーンルーム用途専用のバージョンもご用意しています。 この特殊な重量計量フィーダーはほぼ100%ステンレス製で、オイルは一切使用されていません。 密閉は食品等級で、ほぼすべての医療およびクリーンルーム用途での使用が認められています。 当社のコントローラーもまたステンレス鋼製で、外部換気装置は付いていません。 MCBalanceの精度と当社のモニタリングソフトウェアは、射出重量が極めて少ない場合にも、100%のトレーサビリティで品質を制御するために役立ちます。 「MCBalanceは、ドージング分野において最善の投資です。 6ヶ月という長い返金期間が設けられているのも魅力のひとつです。 *クリーンルームおよび高温用途にも適していま

MCBALANCE
MCTWIN
重量式ドージング

粉砕材形状でのドージングで排出される材料とスプルーは、着色剤の量の大幅な節約につながる可能性があります. 着色剤の節約を可能にする秘密の方法とは… マスターバッチ、粉末、液体、またはその他の添加剤と粉砕材を同時にドージングする方法です。 MCTwinのひとつのドージングユニットがメインユニットとして機能し、粉砕材をドージングします。そしてもうひとつのドージングユニットが、メインユニットと同時に動作し、添加剤をドージングします。 実践面において、これは利用できる粉砕材が多いほど、添加される着色剤が少なくてすむということになります。 これにより、着色剤の過剰消費を防ぐことができるだけでなく、粉砕材を最大限再利用できます。 この工程は完全に自動化されているため、いつでも利用できる粉砕材を最大の割合でドージングできます。 生産工程を何度繰り返しても、品質は常に一定に保たれます。 MCTwinは、Movacolorの重量式ドージング技術を使用します。 したがって、質量の減少量が継続的に計量され、自動調整されます。 添加剤と合わせて粉砕材をドージングする機能により、MCTwinは生産工程において持続可能なソリューションとなります

MCTWIN
MCContinuous Blender
重量式ドージング

高性能ブレンダーシステムは多くの場合、工場向けに設計された総合的なソリューションとみなされます. Movacolorは、完全重量式の連続ブレンダーシステムを構築することを可能にする独自のモジュラーシステムを開発しました。 ひとつのコントローラーから最大15種のコンポーネントを制御できます。 このシステムは、押出機1台に取り付けられることはもちろん、複数の共押出機に取り付け、集約化された単一のシステムで複数の連続ブレンダー向けの制御プラットフォームを作ることができます。 このシステムは、将来に予測されるニーズの変更に伴い、拡張できるシステムとなっています。 新しいコンポーネントの組み込みも簡単で、コントローラーに変更を加えることなく行うことができます。 MCContinuous Blenderは、顆粒、粉砕材、粉末、液体など、利用できるほぼすべての材料に対応しています。 すべての材料を、ひとつのシステムで、1台のコントローラーと単一の内蔵ローダー制御で制御できます。 連続ブレンダーのメリットすべてが、一瞬にして利用できるようになります。 お客様のコンポーネントに求められる精度を押出機上で直接実現するために、重量式インラインドージング分野での当社の実績が役立ちます。 「MCContinuous Blenderのおかげで、計画している生産を速やかに開始することができます。 この機械があれば、連続工程に必要なすべての条件が揃います

MCContinuous Blender

あらゆる材料に対応する操作が簡単な重量式フィーダー 

Movacolorは、高精度を誇るMCBalanceを開発し、世界初の特許取得済み重量式ドージング技術のひとつを発表しました。 このドージングユニットは、最高水準の重量式ドージングを実現します。プラスチック製造業者において日常的に行われる押出、射出成型、ブロー成型でご利用いただけます。 高精度を発揮するMovacolorの重量式ドージング技術は、減算質量式計量システムと脈動なく一直線にドージングするドージングシリンダーに基づいています。 

Movacolorのこの重量式フィーダーには、Movacolor独自のタッチスクリーン式コントローラーとMCSmartソフトウェアが搭載されているため、押出、射出成型、ブロー成型工程を完全に制御できます。 Movacolorのタッチスクリーン式コントローラーには、プラスチック製造業界で働くすべての方にご利用いただけることを目指した設計が採用されています。お使いの射出成型機や押出機の初回起動に時間がかかりません。 

好評を得ている重量式フィーダーの製品ラインを拡大するため、Movacolorは粉砕材や粉末、液体など、扱いにくい材料をドージングする際にプラスチック製造業者が直面している課題に目を向けました。 そしてその課題を踏まえた上でMovacolorのエンジニアによって、粉砕材を簡単に処理できるMCTwin、MCHybrid 30Rシリーズ、MCHigh Output 2500Rが開発されました。 さらに当社は、粉末や液体などの材料を簡単にドージングすることを可能にするMCPowder、MCPowder High Output、MCLiquidも展開しています。 

プラスチック製造における特定の工程に特化したモジュラー重量式ドージングシステム 

大量の処理容量に対応するため、MovacolorはMCHigh OutputとMCHigh Output 2500Rを開発しました。 いずれの重量式ドージングシステムも、精度を妥協することなく、1時間あたり50kgから最大1,200kgをドージングできます。 MCHigh Output 2500Rは、最大75%を再利用し製造工程で利用できるPETフレークなど嵩比重の低い粉砕材を処理することに特化したシステムです。 

さらにMovacolorは、製品ラインの一部として、ドージング業界で唯一無二の重量式ブレンダーも展開しています。 革新的な重量式ブレンダー、MCHybrid 30およびMCHybrid 200は、2つの技術を一体化する特殊なドージング原理を採用して開発されています。2つの技術とはすなわち、 バッチブレンダーと重量式インラインドージングです。 Movacolorの重量式ブレンダーの製品ラインでは、粉砕材向けのバージョン、MCHybrid 30Rシリーズも展開しています。 

Movacolorの重量式ドージングシステムはすべてモジュラー設計です。 したがって、使用している機械が射出成型機かブロー成型機か押出機かを問わず、すべてのプラスチック製造業者に、お客様の仕様に合わせて作られたMovacolorのドージングユニットをご利用いただけます。 このドージングユニットは特に押出、射出成型、またはブロー成型用途におけるあらゆる製造工程に驚くほど適しています。 セットアップはもちろん、操作ができる状態に整える手順も非常にシンプルなため、製造エリアで働くすべてのスタッフがドージングユニットのセットアップや準備に対応できます。