MCLIQUID

  • 重力式制御による100%のトレーサビリティ
  • タッチスクリーン(8インチ、フルカラー)
  • 材料の自動校正
  • レシピ保存機能
  • ポンプタイプとパッケージコンセプトを自由に選択可能
  • ミキサーとネックピース込みの完全な一体型ソリューション
  • インダストリー4.0対応

MCLIQUID

液体を使用する着色は一筋縄ではいかない作業です。 着色が成功するかどうかは、信頼性の高いドージングにかかっており、多くの場合、極めて低処理率(1時間あたりのドージング量が少量)でドージングが行われます。 液体の粘度のバラつきと飛沫を生じさせずに処理することが主な課題となります。

Movacolorは、汎用モーターユニット1台が搭載された、2種類のポンプタイプと複数の飛沫防止パッケージコンセプト対応のモジュラー式の液体ドージングシステムを開発しました。 このシステムは、最適な構成を組み立てる可能性をもたらします。

蠕動ポンプ

蠕動ポンプは、頻繁に色の変更が行われる工程で使用されます。 重量式、質量式どちらのドージングシステムとしても使用できます。

メリット: - 色の変更が簡単 - 一定の出力を実現する重量式システム - 低処理率(1時間あたりのドージング量が少量) - お手入れが簡単

デメリット:ポンプホースの耐用年数が限られている / 圧力上昇に上限がある / 質量式モードでは、出力が粘度に左右される,/p>

重量式蠕動ポンプは、色変更に理想的な組み合わせです。 重量式制御により、蠕動ポンプのデメリットが自動補正されます。 蠕動ポンプの出力は、液体の粘度、使用するポンプホースのタイプ、ポンプホースの使用年数/摩耗の度合いに大きく左右されます。

モノポンプ/ギアポンプ

長時間稼働させる場合は、モノポンプの使用を推奨しています。 重量式、質量式どちらのドージングシステムとしても使用できます。

メリット: - 耐用年数が長い - 最大10barの圧力上昇が可能 - 粘度に左右されない出力 - ポンプ交換が簡単 - 低処理率(1時間あたりのドージング量が少量)(ギアポンプ) - 高処理率(1時間あたりのドージング量が多量)(モノポンプ)

デメリット:絶対に液体を入れていない状態で稼働させないでください / お手入れが困難

いずれのシステム(ポンプ)も、重量式構成でご利用いただけます。

パッケージを補完するため、当社は設置とお手入れを簡単にするインラインミキサーと特殊ノズルアダプターを提供しています。MCLiquidは、総合的な液体ドージングコンセプトとして機能します。

「色々な液体システムを試しましたが、現時点ではこのシステムに勝るシステムはありません」

メリット

  • 信頼性&トレーサビリティ
    高度な重量式技術により、事前校正の時間が排除され、1日24時間、ドージング容量を100%制御できます。
  • 抜群の使いやすさ
    独自採用された本ドージングユニットは、抜群の使いやすさを誇ります。 使いやすいフルカラーのタッチスクリーンが搭載されています。
  • 総合的な液体ドージングコンセプト
    モジュラー設計により、簡単かつ速やかに色を変更できます。 パッケージコンセプトにより、飛沫を生じさせない処理が保証されます。 重量式MCLiquidは、当社の重量式固体ドージングシステムや、MCContinuousブレンダーシステムに組み込むことができます。
  • 重量式または質量式
    MCLiquidは重量式と質量式の両方のバージョンをご用意しています。 重量式ドージングユニットには、MC18コントローラーが付いています。